人気ブログランキング |

並び地蔵

c0124256_16295487.jpg

慈眼大師天海の弟子約百名が、「過去万霊、自己菩提」のために寄進したもの、明治三十五年
(1902)の大洪水で親地蔵と他の地蔵のいくつかが流された。また、参詣者がこの地蔵の数を
数えてみると、そのつど数が違うというところから『化け地蔵」とも呼ばれるようになったと
案内板に記されている。見る限り70以上は並んでいる地蔵さん、数えても確かに間違えそうです。
一体、一体、お顔が異なる地蔵さん、奥深い森を背に苔むした地蔵さんの前を歩いていると長く
不思議な時空を感じます。
日光・憾満ガ淵(かんまんがふち)

NikonD300+AF-S・VR Nikkor18-200mm F3.5-5.6 + ISO400、(1/30、F8)、
WB 晴天,マルチパターン測光,RAW





c0124256_16313523.jpg

NikonD300+AF-S・VR Nikkor18-200mm F3.5-5.6 + ISO400、(1/80、F8)、
WB 晴天,マルチパターン測光,RAW

c0124256_16331768.jpg

NikonD300+AF-S・VR Nikkor18-200mm F3.5-5.6 + ISO800、(1/100、F8)、
WB 晴天,マルチパターン測光,RAW

c0124256_16344465.jpg

NikonD300+AF-S・VR Nikkor18-200mm F3.5-5.6 + ISO800、(1/30、F8)、
WB 晴天,マルチパターン測光,RAW
by muku3h | 2010-07-17 17:01 | 散策 | Trackback | Comments(10)
トラックバックURL : https://muku3h.exblog.jp/tb/14788733
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by itohnori at 2010-07-17 17:37
muku3hさん、今晩は。
 苔生した古いお地蔵さんですね。
時代を感じます。
蝉の抜け殻が鼻についても動じない。
そんな境地ななれたらいいですね。
Commented by sakamaki at 2010-07-17 18:32 x
知りませんでした。 日光のも いろいろあるのですね。がんばらなくちゃ。
Commented by hermes_sawa1 at 2010-07-17 20:54
こんばんわ。日光へ行ってこられたんですか。私も憾満ガ淵(かんまん
がふち) は知りませんでした。苔むした趣のあるところですね。素敵な
ショットです。実は今夜から奥日光へ出かけます。帰りに寄ってみようと
思います。とてもタイミングの良い記事でした。ありがとうございました。
Commented by escu_lenta_05 at 2010-07-17 21:23
緑のコケに赤いずきんがとでも
印象深く映ります!
Commented by tanuki_oyaji at 2010-07-18 11:44
muku3hさん、こんにちは〜♪
日光にこんなところがあるんですね〜
真っ赤なずきんのお地蔵様が苔むして並んでいる様子は感慨深いものがありますね。
Commented by muku3h at 2010-07-19 12:37
itohnoriさん
こんにちは、
ホンとですね、動じない姿を見習わないと、、、
雨上がり、緑の苔がとても生き生きしていました。
コメントありがとうございます。
Commented by muku3h at 2010-07-19 12:38
sakamakiさん
こんにちは、
日光も色々とありますね、
この辺は意外と静かな場所のようですよ。
コメントありがとうございます。
Commented by muku3h at 2010-07-19 12:40
hermes_sawa1さん
こんにちは、
それは、良いタイミングでした、
帰り道ですので、是非、寄ってみてください。
hermesさんのショットも楽しみにしています。
コメントありがとうございます。
Commented by muku3h at 2010-07-19 12:43
escu_lentaさん
こんにちは、
緑に赤い帽子はとても似合いですね、
緑の森も中にある地蔵さん、とても目立ちます。
それも長い列でインパクトある場所でした。
コメントありがとうございます。
Commented by muku3h at 2010-07-19 12:44
tanuki_oyajiさん
こんにちは、
半端な数ではないので、とても迫力を感じますよ、
この赤と緑のコントラストは素敵ですね。
雨上がりが良い感じです。
コメントありがとうございます。
<< 夏 雲 旧田母沢御用邸 >>