東游(あずまあそび)



c0124256_16045641.jpg

御付きの楽師により「東游(あずまあそび)」が舞殿で奉奏されている。
古くは貞観3年(861)の東大寺の大仏供養の際に舞われたとあり、その後定着しつつ
今日では、宮中を始め、氷川神社、賀茂神社、春日大社等諸神社の祭典に奉奏されているという
あまり見られない風景です。
大宮氷川神社(8/1)


NikonD750+AFーS VR Nikkor28-300mm F3.5-5.6+ ISO400、(1/500, F10)
WB 晴天,マルチパターン測光、











c0124256_16045140.jpg

NikonD750+AFーS VR Nikkor28-300mm F3.5-5.6+ ISO400、(1/500, F9)
WB 晴天,マルチパターン測光、







c0124256_16044404.jpg

NikonD750+AFーS VR Nikkor28-300mm F3.5-5.6+ ISO400、(1/320, F9)
WB 晴天,マルチパターン測光、








c0124256_16043755.jpg

NikonD750+AFーS VR Nikkor28-300mm F3.5-5.6+ ISO400、(1/640, F9)
WB 晴天,マルチパターン測光、



by muku3h | 2018-08-02 10:22 | スナップ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://muku3h.exblog.jp/tb/29664808
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 暮れない時の舞 夏祭り始まる >>